「ほっ」と。キャンペーン

コンサート備忘録(大江千里さんのジャズ)

d0135403_23134749.jpg2015.1.18 Tokyo Tapas Cafe
 Vocal 平 麻美子
 Piano 大江 千里

レストランで大江千里さんのライブがあるよ、と誘われ、出かけていった。

お名前は存じ上げていたものの、大江さんがどういう音楽を作っておられるのか、よくわからず、YouTubeでシンガーソングライター時代の曲を何曲か予習してから、会場に赴いた。

 
いざ彼のピアノ演奏を聴いて、強く、心打たれた。
ハート、重心、エントロピー。

クラシック以外で自分が好きなミュージシャンは、ビートルズ、キース・ジャレット、
大貫妙子さん、であるが、間違いなく、大江さんはここに仲間入りした。

うつくしいメロディが湧きあがって、それに和音をつける、という人はいるだろう。
しかし、今日聴いた大江さんの音楽は、そういうのとは少し違ったと思う。

和声の感性が非凡のように思う。

平さんのヴォーカルも、しっとり落ち着いていて、素晴らしかった。声の質、歌い口
とも大江さんの曲にとてもよく合っていた。

演奏終了後、同じテーブルに同席いただいて、しばし話をお聞きしたが、
今のニューヨークでの活動は、収入はほとんど無いに近いとおっしゃる。

それでもJAZZで自分が表現できる可能性に、新鮮にチャレンジしていて、
毎日が充実している、と。

人は、その人が真にやりたいと思うことに取り組み、そのことが嬉しくてたまら
ないとき、並外れた力が発揮できる。大江さんは今、その状態に入っているよ
うに感じた。

世界の大江、になる日がきっとやってくる。

こちらもぜひご覧ください。
(フジTV、阿部知代アナウンサーによるインタビューです)
http://www.fujisankei.com/video_library/interview/post-197.php

[PR]

# by bibinga | 2015-01-19 23:14 |  

ご来光

2015.1.1
d0135403_1013561.jpg

[PR]

# by bibinga | 2015-01-02 06:02 | その他  

真珠の耳飾りの少女

d0135403_2342169.jpg2013年11月10日(日) 
ニューヨーク フリック・コレクション

フリック・コレクションでマウリッツハイス美術館(オランダ、ハーグ)所蔵絵画の特別展が開かれている。目玉は有名な、フェルメール「真珠の耳飾りの少女」。




d0135403_0215062.jpg展覧会が始まってから既に3週間経過しているが、やはりこの絵を見たい人は多いのだろう、美術館の周囲3辺をぐるりと取り巻いて長い列ができている。10人ずつの塊を目で区切ってざっと数えると、500人を超えているような。

この特別展を見るには、事前に時間指定券を買わねばならない。それでもこの長蛇の列である。館内混雑を防ぐため一度に少数ずつしか入館させていない模様であり、時間指定があっても相当に待つことになると思う。ご覧になる方は十分な時間的余裕を取っておく方がよい。(行列を回避できるお薦めの方法は、年間会員になること)

「真珠の耳飾りの少女」は、以前は「青いターバンの少女」と呼ばれていなかったか? 
この絵を見るのは、東京(1984)、ハーグ(2004)以来、3度目になるが、ずっと「青いターバン」だと思い込んできた。

今回、改めてじっくりとこの絵を眺めて、青や黄が構成する斜めの線や面のボリュームが何とも絶妙であることを感じるとともに、輝く白も重要であるように思えてきた。両目を結ぶ線と白い襟の線が三角を構成し、その間にポツっと真珠の反射する光の輝きがある。もし、この小さな輝く点が無かったら、絵に締まりが無くなる。なるほど、真珠の耳飾りの少女、の方が的確かもしれない。

この絵にどきどきするのは、少女の目に引き込まれるからだ。目が(向かって)右下に落ちていく、この線が動きを作っている。わずかに開いた口元は、何かを語りかけようとしているよう。少女と自分の間に、やり取りが生まれ、いや応なく、そこに取り込まれてしまう。 ん、この感覚は、、、阿修羅像を見た時に似ている。。。

この特別展には、オランダ、ハーグにあるマウリッツハイス美術館から15点が出展されているが、残念ながらフェルメール作品は「真珠の耳飾りの少女」1点のみで、同美術館が所有している他の2点、「デルフト眺望」および「ダイアナとニンフたち」は含まれていない。

とはいえ、マウリッツハイス美術館のウェブサイトでTop10に掲げられているうちの3点を見ることができ、点数が少ない割には見応えがある。
ファブリティウス「ごしきひわ」       ヤン・ステーン「親が歌えば子は笛吹く」
d0135403_0221822.jpg
d0135403_018864.jpg

さらに、フリック・コレクション自体、フェルメールを3点所有しており、これらは常設展示のコーナーで見ることができる。

フェルメール作品は30数点しか現存していないとされるが(真贋認定の違いで32~37まで諸説あり)、今フリック・コレクションを訪れれば、そのうち4点、すなわち約8分の1を一度に見られることになる! ついでにフリックから徒歩10分のメトロポリタン美術館にも4点所蔵されているので、「1日にして8点、4分の1」も十分可能である(笑)。

この特別展、来年1月まで開催されている。

ノート
・ 「真珠の耳飾りの少女」、この絵は少し横幅がある。(向かって)左に背景が広めに取って
  あるのだが、この背景の広がりは重要だと思う。インターネット上の画像では、トリミング
  して横を削っているものが多い(wikipediaもそうだ)が、いただけない。

・ 受信メールを整理しないとどうなるか? →答えは「増えるメール」、なんちゃって。
[PR]

# by bibinga | 2013-12-15 09:55  

A concert

d0135403_13192865.jpgIt was kind of a surprise for me that such an
established classical pianist played pure classical
music at a live house. The pianist played just
2 meters away from me.

The program included Mozart, Schubert and
Mussorgsky.

Music streamed vividly and naturally as if it
was breathing. The sound had gravity yet was
clear and delicate - perfectly controlled touch
and synchronization of fingers. Excellent
sense to change color of the tone.

I was so, so, so impressed - the most memorable
piano performance I have ever heard. The pianist
also reminded me of something at the bottom of
deep lake...

Thank God I definitely had the brightest moment!
[PR]

# by bibinga | 2013-06-05 13:15 |  

上原ひろみ@Blue Note

d0135403_15265673.jpg4月21日(日) 22:30-0:15 Blue Note NYC

上原ひろみさんのThe Trio Projectを聴いた。

凄かった。延髄がチチチチチ、っとした。
昼間聴いたポリーニの100倍凄かった。

神経を剥きだしにして、爪を立てられたよう。
この興奮はしばらく醒めそうにない。。。


(補足)
ポリーニの演奏も勿論素晴らしかったのだが。

これは良し悪しではなく、表現しようとしているもの
の違いであり、どういう感性にどのように訴えるの
かという方法の違い、ということであろう。

ブルーノートでの席が(早めに並んだ甲斐あって)
ピアニストの真後ろ(手を伸ばせば届く!)という
絶好の位置だったせいもあるだろう。
[PR]

# by bibinga | 2013-04-22 15:09 |  

Hanakoさんの酒杯

この1か月、体調がおもわしくない。風邪が完治せず、気温の変化と乾燥にやられた喉が痛み続けている。

そんな中であるが、今日は暖かく良い天気だったので、逆療法で体に活を入れようと、思い切ってジョギングに出かけた。

前回走ったのはいつだろう? あまりにも久しぶりで思い出せない。重い体を引き摺り、ゆっくり走る。公園の貯水池を1周し、ランブルという森の小道を抜けて、噴水へ。時折咳き込みつつも、だらだらと小1時間、汗を流す。(むむーん、気持ちいい・・・。一瞬風邪がよくなったような…→錯覚)

帰り途、あるギャラリーで中里花子さんの個展が開かれていることを思い出し、立ち寄る。唐津の今の世代の方では、矢野直人さん、竹花正弘さん、安永頼正さんの酒杯を日頃愛用しているが、花子さんの作品に触れるのは初めてである。

d0135403_7344179.jpg


素晴らしいテクスチャー。

白い杯は、磁器とは思えない温かみがあり、柔らかい質感が手にしっくりと馴染む。

茶の杯は、口縁の下が絞り込まれた形状が実によく指にフィットし、見込みに垂れた二筋の釉薬はガラス質がキラキラ光って、何とも言えず楽しい。

増殖し続けるぐい呑み、、、
もうやめようといつも思うのだが、こうしてまた増えてしまうのであった。
[PR]

# by bibinga | 2012-11-11 17:44 | その他  

にじの足元

天気の移り変わりが早く、小雨が降ったり、晴れたり。
そんな日の夕方、ふと窓の外を見ると、きれいな虹が出ていた。
d0135403_7421688.jpg


すぐ近くのように見えたので、ベランダに出てみると、ほんとうに目の前だった。
d0135403_7432063.jpg


「足元」は、すぐ下の川の中。
d0135403_7443113.jpg


いやー、虹の足元って、初めて見たがね。

やがて足元から薄くなり、15分くらいで消滅。
d0135403_7463351.jpg


d0135403_7465077.jpg


なるほど、確かにレインボーはrain(雨)+bow(弓)だわ、と一人頷いております。
[PR]

# by bibinga | 2012-06-04 07:54 | その他