オペラ備忘録(英国ロイヤルオペラ、パルジファル)

2007年12月9日(日) ロイヤル・オペラ・ハウス

ワーグナー 舞台神聖祝祭劇「パルジファル」

K.M.グルーバー演出
ハイティンク指揮
英国ロイヤルオペラ
グルネマンツ:ジョン・トムリンソン
アンフォルタス王:ファルク・シュトルックマン
パルジファル:クリストファー・ヴェントリス
クンドリ:ペトラ・ラング


パルジファルを観るのは今回で3度目である。

1度めは1989年、NHKホールにおけるウィーン国立歌劇場の来日公演であった(指揮はホルライザー)。もう18年も前のことで、実はその時が私のオペラ初体験である。

当時、入社5年目の安月給では高額なオペラチケットに手が出せるはずはなく、行けるなどとは全く思ってもみなかったが、親友だったN君のお父上が「招待券があるから、音楽に興味のある君に上げよう」とおっしゃってくださったのである。

中学・高校・大学・社会人とずっとオーケストラでフルートを吹いていた私は、管弦楽のコンサートは時々聴きに行っていたが、歌・オペラにはほとんど関心が無く、知識は皆無だった。しかも初オペラがパルジファルというのはかなり難易度が高いシチュエーションであった。

しかし、初めて観るオペラは非常に面白く、正味4時間半という長大な作品を、食い入るように観た。「歌の上手い/下手は、歌手についての知識が全く無い素人の耳にも何となく分かるものなんだなぁ」と感じたことを覚えている。そしてウィーン国立歌劇場のオケの音色は、音響の良くないNHKホールにおいてすら、実にしっとりとして豊潤で、心底聞き惚れたものだ。N君のお父様に感謝、である。

N君とは中学1年の時、同級生だった。杉並区から中央線を使って通う4人、自然と仲良しグループを結成するようになった。

明るくてちょっと甘えん坊のS君、
頭脳明晰で理科系教科に天才的な閃きを見せるK君、
本の虫でダジャレや子音変換遊びが得意だった私、
そして、皆から信頼され、まとめ役になることが多かったN君。

(子音変換遊びとは、4人のうち誰が考え付いたのか忘れたが、言葉をラ行に置き換えて発音し、元の言葉を類推して当てる遊びである。例えば、「ララレンロウ」→「甘えん坊」、「ルローレリレリ」→「頭脳明晰」といった具合)

私が中2の夏に東北地方に引っ越した後も、友人関係は続き、東京の大学を受験した時にはN君の家に泊めていただいて、お世話になった。N君は京大を受けに行くので、その間彼の部屋が空くから、とご両親から親切なお申し出をいただいたのである。

しかし、その親友だったN君とNHKホールでのパルジファルを、一緒に観ることはできなかった。N君はその4年前、22歳の若さでこの世を去ってしまっていたのである。


2度目のパルジファル、それは割と最近の2004年4月、オーストリアの某地方都市の歌劇場にて。これもまた親友絡みである。

私が初めて海外勤務の辞令を受け、ロンドンの地に降り立ったのは2004年3月15日であった。それから1ヶ月もしない4月9日、イースター4連休を利用してオーストリアに住む親友H君を訪ねたのである。

H君はオーボエ吹きで、かつて私が所属していた大学オケが「惑星」を演奏した時、当時音大生だった彼が、エキストラとしてイングリッシュホルンを吹きに来てくれたのが知り合ったきっかけである。

彼は音大卒業後、しばらく国内でプロとして活動していたが、1980年代後半に当地の歌劇場のオーディションに合格し、以来、20年間、そこでの生活を続けている。日本から手紙のやり取りはたまにしていたが、久しく会っておらず、せっかくロンドンまで来たことだし、ちょっくら会いに行ってみるか、と思って連絡を取ったところ、「丁度その時期パルジファルを吹くから、何が何でも聴きに来い」と言ってくれたのだった。パルジファルはGood Friday(聖金曜日)に起きた奇跡を題材にしており、イースターによく上演される。

1899年設立という由緒ある名門歌劇場の一員として彼が演奏するのを聴いて感慨ひとしおであった。


さて、ようやく、本日の公演についてである。

キャストが素晴らしく、
グルネマンツ:ジョン・トムリンソン
アンフォルタス王:ファルク・シュトルックマン
パルジファル:クリストファー・ヴェントリス
クンドリ:ペトラ・ラング

トムリンソンは最初から最後まで声量があり、張りのある堂々とした声を聴かせてくれ、シュトルックマンもまずまず。ペトラ・ラングは1幕では映えなかったが、2幕の長い見せ場では声と表現に持続力があり、頂点へ向けての盛り上がりに非凡なものがあった。ヴェントリスもつやのある声が遠くまで良く伸びていた。全員が全員、演技も歌唱も非常にレベルが高く、休憩入れて5時間半の長丁場であったが、全くダレることなく、終始緊密な舞台であった。

しかし、歌手もさることながら、本日のハイライトはハイティンクとオケである! ロイヤルオペラのオケは好不調の波が結構あって、ポテンシャルはあるに違いないと思われるのに、雑な演奏にがっかりすることも多い。そのオケが、今日は本当に素晴らしかった!!

ロイヤルオペラは過去3年間に60回は観ていると思うが、オケがこれほど良かったのは、ちょっと記憶にない。明らかにハイティンクの神通力である。オーラが見える。オケの音は、いつもより編成が大きく、非常にパワフル。オペラハウスが震えるような大音量に圧倒されるが、しかし、その音は決してうるさくは感じない。音程も良く合い、美しいアンサンブルであった。隅々まで神経が行き届いた演奏であった。木管、特にフルートの音は澄み切っていて、心が洗われた。いつもなら音を外して興をそぐ金管も、今日は実に良く吹いていたし、何より音が生きていた。

ハイティンクの音楽の大きさ・深さが歌手やオケに浸透し、全員が同じ呼吸をしていたのだろう。これほどまでに説得力に満ち、魂に届く音楽を聴けることは滅多にない。ハイティンク、巨匠である。

私はワグネリアンではないが、パルジファルの音楽には、何か通常の音楽を超えた力を感じ、その深さ・神秘的な響きに心を揺さぶられ、特に幕切れの音楽的高揚には言い知れぬ感動を覚えた。2人の親友への思いも合わさり、言い知れぬ感慨に浸った一夜であった。
[PR]

by bibinga | 2007-12-09 23:37 |  

<< コンサート備忘録(アンデルシェ... コンサート備忘録(ガッティ指揮... >>