コンサート備忘録(ゲルギエフ指揮ウィーン・フィル)

d0135403_1314468.jpg
2008年2月22日(金) バービカン・センター

ヴァレリー・ゲルギエフ指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

ベルリオーズ 「ロメオとジュリエット」抜粋
ワーグナー  「トリスタンとイゾルデ」前奏曲
         と愛の死
ドビュッシー  「海」


ウィーンフィルのフランス物、という不思議なものを聞いてしまった。

ベルリオーズもドビュッシーも、フランス物特有の「香り」や「空間的な拡がり」は感じられず、もっとずっしりとした演奏だった。ザッハトルテやナッツの焼き菓子のように中身がぎっしりつまった重たいケーキのようである。ベルリオーズの演奏は、どことなくブラームスの響きを持っていたし、ドビュッシーは、海は海でも「海の底」、ムソルグスキーのようだった。

ワーグナーの演奏には、さすがに「らしさ」があり、特に前奏曲が素晴らしかった。ただ、愛の死はテンポが速めで、さくさくと進み、あっさり終わってしまった。(これはゲルギエフの問題であろう)

ウィーンフィルというのは、面白いオケだ。世間では、ベルリンフィルと双璧、と評されるが、技術力で見たら、他にも上手いオケはたくさんある。

しかし、このオケは「ウィーンフィルにしかできない凄いこと」をやってのける力を持っている。

ツボにはまると、底なしに巨大なエネルギーを出せる。表面的な波ではなく、大きくうねる海のように、圧倒的なボリューム感を持った音を出せる。ものすごく深いところからエネルギーがこんこんと湧き上がってきて、無限にエネルギーを増大させ得る感じ。今日は、トリスタンの前奏曲で、一瞬、こういう場面があった。

また、全員の呼吸が完璧に合い、信じ難いほどの鋭い切れ味で音楽を抉り出す力もある。音を合わせに行くのではなく、一人ひとりの奏者が自律的に弾ききって、その結果がどんぴしゃりと合っているということだろうか。こういう時、聴いていて思わず息が止まるほどの緊張感が演奏に生まれている。ロメオとジュリエットの終曲に、これが見られた。

ウィーンフィルのこうした力は、「気」のようなものではないか、と思えてならない。「気」によって個々のプレイヤーのエネルギーが統合され、「場のエネルギー」となって放射されているのではないかと思うのだ。こういう「気」を感じるオケは、ウィーンフィルの他にはちょっと思い当たらない。

ウィーンフィルは、いつもいつも凄い演奏をするとは限らない。骨太の音を出すちょっと上手なオケ、程度の印象の時もある。しかし、運良く「気」の入った演奏に当たった時、彼らの演奏は、特別な力を持って迫ってくる。

今日の演奏は、オケの個性と曲がミスマッチだった感は否めず、全般的にはあまりぱっとしなかったが、ところどころで「キラリと光る」ウィーンフィルを見せてくれた。ウィーンフィルの「海」を聴けるチャンスはそれほど多くないかも知れず、貴重な経験として肯定的に捉えよう。
[PR]

by bibinga | 2008-02-22 23:12 |  

<< ワインセラー (び、瓶が・・・) オペラ備忘録(英国ロイヤルオペ... >>