<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

今日の1本(ポマール・グラン・ゼプノ)

d0135403_524749.jpg
Pommard 1er Grand Clos des Epenots 1998,
Domaine de Courcel



d0135403_5204018.jpgいよいよ25日はクリスマス当日である。
今日は前座、というわけにいかない。最初、クロ・ド・タールを開けようと思った。

クロ・ド・タールは右の写真のように、ラベルに「聖母マリアと幼子イエス」が描かれており、クリスマスにはいい感じだ。
d0135403_57733.jpgちなみにクロ・ド・タールの畑は葡萄の木の植え方に特徴がある。ブルゴーニュの畑は通常、斜面に沿って縦に植えられるのだが、クロ・ド・タールでは、珍しく、斜面に対して横向きに植えられている。表土の流出を防ぐから、合理的なのだとか。


余談はさておき、結局、クロ・ド・タールは開けなかったのである。なぜならば、あいにく、手元にはクロ・ド・タールは1本しかなく、ヴィンテージは2001年。この素晴らしいワインを開けるには、今はあまりにも早すぎて勿体ない。タールさまに失礼である。せっかく取り出したのだが、開けようか開けまいか、しばし迷ったあげく、元に戻すことにしたのだった。

その代わりに選んだのが、冒頭の写真にある、ポマール・グラン・ゼプノ'98(クールセル)である。

ポマール村は、コート・ドール(黄金の丘)と呼ばれるブルゴーニュワイン生産地の中心ボーヌのすぐ南に隣接している。ポマール村には2つの有名な畑があり、北のボーヌ側にあるエプノと、南のヴォルネイ側にあるリュジアンである。エプノの方がエレガントで、リュジアンはよりパワフルである。

「ブルゴーニュで次にグランクリュ(特級畑)に昇格するとしたらどの畑か?」とは良く取りざたされる話題であるが、大方コンセンサスとなっているのが、①ジュヴレ・シャンベルタン村のクロ・サン・ジャック、②シャンボール・ミュジニ村のレ・ザムルーズ、③ニュイ・サン・ジョルジュ村のレ・サン・ジョルジュ、④ポマールのレ・リュジアン、であろう。エプノはリュジアンと肩を並べる畑であり、クリスマスのワインとして選んでも、バチは当たるまい。

そしてまた、ポマールには2つの有力なドメーヌ(ワイン生産農家)がある。コント・アルマンとクールセルである。今日のワインは、クールセルのグラン・ゼプノ。

98年のブルゴーニュは、どちらかといえば不良の年、と言われている。しかし、私は98は嫌いではない。同じ不良でも、92や94は痩せていて酸だけが目立ち、ふくらみに欠けるが、98は割りとバランスが良い。そして、なによりも、今、丁度飲み頃に差し掛かっているのである。この1~2年、98のブルゴーニュを何本も飲んだが、どれも非常に美味しく飲めた。99以降のものを若飲みするよりは、98を飲む方が、今飲むなら、ずっと楽しめる。

さて、実際のワインはどうだったか。

おー、しあわせ、である。
丁度、熟成感が出始めた頃、まさに今からが飲み頃という感じである。

色は深い赤。香りもどこまでも深く、鼻をグラスに差し入れて、いつまでも嗅いでいたい。
透明感がある。ブランディのタッチがある。

ポマールはヴォーヌ=ロマネをより強くした感じ、というのが私のイメージであるが、まさにそういう印象である。ヴォーヌ=ロマネのトップの畑に比べると、純度・華やかさ・拡がりの点で一歩譲るが、たくましさでは負けていない。うーん、素晴らしい!

コント・アルマンのグラン・ゼプノ(モノポル-単独所有畑-のクロ・デ・ゼプノ)が柔らかいスタイルであるのに比べて、クールセルのエプノはもっと剛直である。

d0135403_5185596.jpgこの畑は、コント・アルマンのクロ・デ・ゼプノ。
クールセルの畑はこの隣にある。

ブルゴーニュはボルドーに比べてわかりにくい、とよく言われるが、つまるところは「畑、造り手、ヴィンテージ」、この3要素であり、それほど複雑ではない。

ワインを買うときに、畑や生産者の情報を頭に入れておくのは、株式投資をするときに会社四季報を読むのと同じ。ほんの少しの興味と熱意で、頭の中にデータベースさえできれば、ブルゴーニュの楽しみはずっと広がる。(現地で実際に畑を見たり、ドメーヌを訪問すれば、なお良し)

ボルドーも、優良なシャトーの深く滑らかな味と言ったら、最高というしか無いものであるが、飲む前から味が想像できてしまう面がある。ブルゴーニュは素朴な家内生産が主流のため、品質にバラつきがあり、どんなに評判の良いワインでも、栓を抜いてみるまではわからない。この、一か八か、みたいな不確実性が、心をくすぐるのである。

たかがワイン、されどワイン。ブルゴーニュはほんとうに素晴らしい!
[PR]

by bibinga | 2007-12-25 22:30 |  

今日の1本(シャブリ・フルショーム)

d0135403_231379.jpg

Chablis 1er Fourchaume 2005,
Adhemar et Francis Boudin (Domaine de Chantemerle)


クリスマスの前座、第2弾。

今日は食事が、海老、タコ、セロリのマリネサラダに、ジロールとセップのパスタ(オリーヴオイル、にんにく、塩コショウのシンプルなもの)なので、白にした。

ロンドンの住まいにはワインセラーが無いので、白は冷蔵庫に入る分しか買わない。イギリスの冷蔵庫は、冷凍庫が大きく、冷蔵室にはあまり物が入らない。冷蔵室の半分近くをワインの保存に使っているが(笑)、ビオの赤(シャソルネイ、パカレ)とシャンパーニュ数本を入れているので、白のスペースは限られ、普段飲みの安いものを含めて3本あるかどうか、というのが常態である。

ということで、白の選択肢は限られ、クリスマスは「気分はピュリニ」なのであるが、やむなく、冷蔵庫に押し込んであったシャブリ1級で妥協することになった。

ブルゴーニュの白もワイン価格高騰の影響を免れることはできず、ロンドンでは、平均的な造り手の場合、ACピュリニで30ポンド(7000円弱)、ピュリニ1級は45ポンド(10000円)もする。ムルソーはピュリニよりも5ポンド下、シャサーニュは10ポンド下、というのがおおよそのレベル感である。もはや普段飲みにするには手の出せない値段になってしまい、日頃はACブルゴーニュとかマコンで我慢している。寂しい限りである。

その中で、シャブリは比較的財布に優しい。グランクリュ(特級畑)でも25~30ポンド。1級なら15ポンドで買える。15ポンドを安いと言ったら、「あなたの金銭感覚はおかしい」と叱られてしまいそうだが、音楽とワインは自分の人生における最重要なものであり、「車は要らないが、ワインは要る」人間なので、車に使う分をワインに充てていると考えれば、多少の贅沢は許されよう。

問題は、美味しいシャブリは意外に少ない、ということである(だから安いのだろうが…)。ラヴノーやドーヴィサは良く知られている優良な造り手であり、確かに美味しいが、当然にして値段も高い。価格もほどほど、品質もほどほど、というシャブリは探せばあるが、今ひとつ面白みに欠け、わざわざ探求したい気持ちにはならない。

シャブリに対してそのような印象を持っているのは、おそらく私だけでは無いのではないか。ワインに詳しい人ほど、シャブリを重要なワインとは考えない傾向があるような気がする。注目されていないだけに、もしびっくりするような美味しいシャブリを発見したら、それはちょっとした話のネタになる。シャブリを買う時は、そういう山っ気があって買うのであるが、シャブリはなかなか手強く、いつも見事に「外して」くれ、まだ当てた試しが無い。。。

今夜のシャブリも、「当たるといいな、でも当たらないだろうな」と思って抜栓し、やはり当たらなかった。が、当たらないまでも、健闘したとは言えるだろう。

1級フルショームは、7つ並んでいるグランクリュ(特級畑)の北側に少し離れて連なっており、40ほどある1級畑の中でも、モンテ・ド・トネルやモン・ド・ミリューと並んで評価の高い畑である。今日のワインは、フルショームという畑の素性の良さを感じさせる、良いワインではあった。

、、、、が、これ、シャブリの味ではないなぁ! 

シャブリには通常、青リンゴやレモンといった酸っぱい果実を感じるものであるが、これはパイナップル、ナッツが香り、かなりfatである。温度が低いうちはグレープフルーツが感じられ、酸が立って、しゃきっとしたシャブリらしさがあるのだが、温度が上がってくると酸が後退し、焦点のぼけた甘みが支配的になる。シャブリは熟成してくると蜂蜜香が出てふくよかになるものだが、05という若いヴィンテージにして、こういう退廃感を見せるのは、シャブリとしては異質のスタイルである。思わず、「若くてもフル(古)ショーム」、なんてショームないことをつぶやいてしまった。

丸くてたっぷりしていながらもピュア、全般に良くできているのだが、余韻がふわりと鼻に抜ける感じがない。ストンと落ちてしまう。甘さ・渋さが少しもったりしていて垢抜けない。

2005年という天候に恵まれたヴィンテージで葡萄に糖が乗りすぎた結果なのか、このドメーヌ(ワイン生産農家)はいつもこういうスタイルなのかは、水平・垂直で比べてみないと何とも言えないが、おそらく後者だろう。

このワイン、ワイン通にブラインドで出してみたい。「ムルソー」だよ、と言ったら、きっと信じるに違いない。ん、さすがにそれはちょっと「無理そう?」

d0135403_2313155.jpg【シャブリの畑~レ・クロ】
残念ながらフルショームの写真は無く、この畑は、シャブリでもっとも力強いワインができると言われる、グランクリュのレ・クロ(2004年8月27日)。 写真では空が明るく見えるが、この日、シャブリはどシャブリ(土砂降り)の雨であった。
[PR]

by bibinga | 2007-12-23 23:01 |  

今日の1本(マルコンソール)

d0135403_2423078.jpg

Vosne-Romanee 1er Les Malconsorts '99
Heritier de Baudricourt


毎年、クリスマスの時期には決まってブルゴーニュを開ける。

(えっ、クリスマスじゃなくても、君は年中ブルゴーニュを飲んでいるではないか、って? 鋭いなぁ。。。 確かに、飲んでいるワインはブルゴーニュが圧倒的に多い。) 



今日のワインは、まだ22日なのでクリスマスの「前座」としての1本であり、クリスマスさま(誰や、それ?)に失礼にならない程度に高級感がありながら、勿体無いという気持ちが起きることなく気軽に開けられる、そういう1本である。

マルコンソールは素晴らしい畑であり、本来は前座にしては畑さまに申し訳ないのであるが、このボトルは作り手にいささか不安がある。Heritier de Baudricourtという聞いたことの無いネゴシアンなのだ。エリティエ・ド・ボードリクール(でいいのか?)、「踊り狂う」みたいで印象わろし。

ネゴシアン物のブルゴーニュは概して「はずれ」が多く、基本的に買ってはいけないのである。しかし、酒屋でこのボトルを目にした時、「ひょっとしたら当たることも無くは無いかもしれない」という邪念が頭をよぎり、マルコンソールにしては安かったこともあって(この場合、安いことは不味い可能性をこそ示唆するのであって、決して購入を支持しないのであるが)、しばし逡巡したあげく、結局、買ってしまったのである。

期待度65%のこのワイン、実際に開けてみると、とりたてて良くはないが、悪くもない。一応、値段に見合う程度のワインではあった。

私がヴォーヌ・ロマネのトップクラスの畑に抱くイメージは、真紅、透明感、深い奥行き、香りの高さ、格調である。このワインには、その片鱗があった(しかし片鱗しか無かった)。

深みのある赤をしており、非常に良い色。味わいにはヴォーヌ・ロマネらしさがある。雑味がなく、澄んでいる。チェリーに、少し甘みのあるブランディのトーン。木の根、土臭さが少し混ざっていることは、この畑の隣はもうニュイ・サン・ジョルジュであることを思い出させる。後味に、かすかな熟成感を感じる。

悪くはないのだが、惜しいかな、香りがのぼってこない。拡がりが無い。99のブルゴーニュは飲むにはまだ早く、十分に開かなかったせいもあるのだろう。

結論として、感動するには至らずとも、楽しめるワインであった。マルコンソール、「丸損すーる」ことはなく「丸くおさまーる」、といったところであろうか。
[PR]

by bibinga | 2007-12-22 23:12 |  

コンサート備忘録(アンデルシェフスキ)

2007年12月11日(火) クイーン・エリザベス・ホール

ピョートル・アンデルシェフスキ(P)

バッハ パルティータ第2番
シマノフスキ マスク
シューマン フモレスク
バッハ パルティータ第1番


この日のプログラムは、当初はバッハのイギリス組曲3、4、6番のはずであったが、結局すっかり変わって、上記の曲目となった。

アンデルシェフスキは、2004年10月17日にウィグモアホールで聴いて以来、2度目である。彼のCDはほとんど全て持っており、CDで聴く限り、なかなか良い。音が透明で美しく、繊細な表情付けにセンスを感じる。

しかし、3年前にウィグモアホールで聴いた実際の彼の演奏は、CDよりもずっと堅く、好感が持てなかった。そこで、今回、再確認である。

残念ながら、今回の演奏も、やや期待外れに終わった。

本番に弱いのだろうか、、、1曲目のパルティータ2番では、音に切れが無く、伸びてこない。音の空間が狭く、彼とピアノの周囲だけで鳴っているような感じがする。彼はピアノに非常に近く座るが、そのせいだけではなかろう。

強音が堅く、耳に障る。ミスタッチも多い。自分はミスタッチを気にする方ではないが、それでもここまで多いと若干興ざめするのは否めない。

良い点はたくさんある。弱音が美しい。ペダルを使わずに指でレガートを出せる。テンポが遅い楽章でも根底にしっかりしたリズム感があり、だらだらしない。各声部の弾き分けも、何を聞かせたいのかがはっきり見え、知的に構築されている。

音楽の流れはとても自然で、随所に美しい閃きがあり、心に響いてくるものがある。しかし、それが持続せず、どこかぎこちない。

演奏は徐々に良くなり、2曲めのシマノフスキは、濁りの無い純粋な音が曲想によく合っていた。この曲では演奏上の欠点はさほど目立たず、曲に集中できた。

後半、だいぶ堅さがほぐれてきて、音楽が自由に伸縮するようになってきた。特に、最後のパルティータ1番はバッハの様式感をきちんと守りつつ、歌心もある見事な演奏だったと思う。しかし、強音におけるガツンとした堅い音は、最後まで変わらず、この音だけは好きになれない。

アンコールは、なんと、1曲目のパルティータ2番をもう一度弾いた。
「不本意な出来だったので、もう一度弾きます。20分もかかるので、お時間のない方はどうぞお帰りになって。。。」と挨拶をして、弾き始めた。

このアンコールの演奏は、確かに、最初の演奏よりも格段に良かった。空間がずっと広がり、音が生きていた。

彼はとても真面目なのだろう。曲をよく分析し、自分がどういう表現をしたいのか、本当によく考えて演奏している印象を受ける。しかし、おそらく、あまり器用なタイプではないのだろう。高度なテクニックを持っているのに、コンサートでそれを100%発揮するに至っていないような気がする。惜しい。

彼のCDは、どれもとても好きだ。コンサートの後、何枚か聴き直してみたが、本当に澄んだ音で、優しく、自然で、心にすっと入ってくる。
コンサートホールでもこういう音楽を聴かせて欲しいものである。
[PR]

by bibinga | 2007-12-11 23:36 |  

オペラ備忘録(英国ロイヤルオペラ、パルジファル)

2007年12月9日(日) ロイヤル・オペラ・ハウス

ワーグナー 舞台神聖祝祭劇「パルジファル」

K.M.グルーバー演出
ハイティンク指揮
英国ロイヤルオペラ
グルネマンツ:ジョン・トムリンソン
アンフォルタス王:ファルク・シュトルックマン
パルジファル:クリストファー・ヴェントリス
クンドリ:ペトラ・ラング


パルジファルを観るのは今回で3度目である。

1度めは1989年、NHKホールにおけるウィーン国立歌劇場の来日公演であった(指揮はホルライザー)。もう18年も前のことで、実はその時が私のオペラ初体験である。

当時、入社5年目の安月給では高額なオペラチケットに手が出せるはずはなく、行けるなどとは全く思ってもみなかったが、親友だったN君のお父上が「招待券があるから、音楽に興味のある君に上げよう」とおっしゃってくださったのである。

中学・高校・大学・社会人とずっとオーケストラでフルートを吹いていた私は、管弦楽のコンサートは時々聴きに行っていたが、歌・オペラにはほとんど関心が無く、知識は皆無だった。しかも初オペラがパルジファルというのはかなり難易度が高いシチュエーションであった。

しかし、初めて観るオペラは非常に面白く、正味4時間半という長大な作品を、食い入るように観た。「歌の上手い/下手は、歌手についての知識が全く無い素人の耳にも何となく分かるものなんだなぁ」と感じたことを覚えている。そしてウィーン国立歌劇場のオケの音色は、音響の良くないNHKホールにおいてすら、実にしっとりとして豊潤で、心底聞き惚れたものだ。N君のお父様に感謝、である。

N君とは中学1年の時、同級生だった。杉並区から中央線を使って通う4人、自然と仲良しグループを結成するようになった。

明るくてちょっと甘えん坊のS君、
頭脳明晰で理科系教科に天才的な閃きを見せるK君、
本の虫でダジャレや子音変換遊びが得意だった私、
そして、皆から信頼され、まとめ役になることが多かったN君。

(子音変換遊びとは、4人のうち誰が考え付いたのか忘れたが、言葉をラ行に置き換えて発音し、元の言葉を類推して当てる遊びである。例えば、「ララレンロウ」→「甘えん坊」、「ルローレリレリ」→「頭脳明晰」といった具合)

私が中2の夏に東北地方に引っ越した後も、友人関係は続き、東京の大学を受験した時にはN君の家に泊めていただいて、お世話になった。N君は京大を受けに行くので、その間彼の部屋が空くから、とご両親から親切なお申し出をいただいたのである。

しかし、その親友だったN君とNHKホールでのパルジファルを、一緒に観ることはできなかった。N君はその4年前、22歳の若さでこの世を去ってしまっていたのである。


2度目のパルジファル、それは割と最近の2004年4月、オーストリアの某地方都市の歌劇場にて。これもまた親友絡みである。

私が初めて海外勤務の辞令を受け、ロンドンの地に降り立ったのは2004年3月15日であった。それから1ヶ月もしない4月9日、イースター4連休を利用してオーストリアに住む親友H君を訪ねたのである。

H君はオーボエ吹きで、かつて私が所属していた大学オケが「惑星」を演奏した時、当時音大生だった彼が、エキストラとしてイングリッシュホルンを吹きに来てくれたのが知り合ったきっかけである。

彼は音大卒業後、しばらく国内でプロとして活動していたが、1980年代後半に当地の歌劇場のオーディションに合格し、以来、20年間、そこでの生活を続けている。日本から手紙のやり取りはたまにしていたが、久しく会っておらず、せっかくロンドンまで来たことだし、ちょっくら会いに行ってみるか、と思って連絡を取ったところ、「丁度その時期パルジファルを吹くから、何が何でも聴きに来い」と言ってくれたのだった。パルジファルはGood Friday(聖金曜日)に起きた奇跡を題材にしており、イースターによく上演される。

1899年設立という由緒ある名門歌劇場の一員として彼が演奏するのを聴いて感慨ひとしおであった。


さて、ようやく、本日の公演についてである。

キャストが素晴らしく、
グルネマンツ:ジョン・トムリンソン
アンフォルタス王:ファルク・シュトルックマン
パルジファル:クリストファー・ヴェントリス
クンドリ:ペトラ・ラング

トムリンソンは最初から最後まで声量があり、張りのある堂々とした声を聴かせてくれ、シュトルックマンもまずまず。ペトラ・ラングは1幕では映えなかったが、2幕の長い見せ場では声と表現に持続力があり、頂点へ向けての盛り上がりに非凡なものがあった。ヴェントリスもつやのある声が遠くまで良く伸びていた。全員が全員、演技も歌唱も非常にレベルが高く、休憩入れて5時間半の長丁場であったが、全くダレることなく、終始緊密な舞台であった。

しかし、歌手もさることながら、本日のハイライトはハイティンクとオケである! ロイヤルオペラのオケは好不調の波が結構あって、ポテンシャルはあるに違いないと思われるのに、雑な演奏にがっかりすることも多い。そのオケが、今日は本当に素晴らしかった!!

ロイヤルオペラは過去3年間に60回は観ていると思うが、オケがこれほど良かったのは、ちょっと記憶にない。明らかにハイティンクの神通力である。オーラが見える。オケの音は、いつもより編成が大きく、非常にパワフル。オペラハウスが震えるような大音量に圧倒されるが、しかし、その音は決してうるさくは感じない。音程も良く合い、美しいアンサンブルであった。隅々まで神経が行き届いた演奏であった。木管、特にフルートの音は澄み切っていて、心が洗われた。いつもなら音を外して興をそぐ金管も、今日は実に良く吹いていたし、何より音が生きていた。

ハイティンクの音楽の大きさ・深さが歌手やオケに浸透し、全員が同じ呼吸をしていたのだろう。これほどまでに説得力に満ち、魂に届く音楽を聴けることは滅多にない。ハイティンク、巨匠である。

私はワグネリアンではないが、パルジファルの音楽には、何か通常の音楽を超えた力を感じ、その深さ・神秘的な響きに心を揺さぶられ、特に幕切れの音楽的高揚には言い知れぬ感動を覚えた。2人の親友への思いも合わさり、言い知れぬ感慨に浸った一夜であった。
[PR]

by bibinga | 2007-12-09 23:37 |