<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

商店街探訪

5連休中にバーバラ・フリットリを聴きに上野に出たが、夕方5時すぎに終わったので、少し寄り道をして帰った。

京浜東北線の東十条駅で途中下車し、商店街をぶらっと散策。


d0135403_21435480.jpgなぜ、東十条か? 

ここには、知る人ぞ知る「黒松」という銘菓を売る和菓子屋がある。

どら焼きであるが、生地がもっちりしていて黒糖が香る、独特の美味しさ。値段が安い(105円)こともあって、大変な人気商品になっている。ひっきり無しに客が入り、「黒松20個ください」などと、皆、大量に買っていく。

以前買いに来た時には行列に並んだが、この日は比較的空いており、あっさりと黒松10個をゲットして、駅北口の商店街に向かった。



京浜東北線・東十条駅と埼京線・十条駅の付近は、東十条商店街、東十条銀座商店街、十条銀座商店街、十条中央商店街、十条仲通り商店街、十条富士見銀座商店街など、幾つもの商店街がひしめきあう、街歩きするには面白いエリアである。

d0135403_21443466.jpg薄暮の東十条商店街













d0135403_21444937.jpg少し歩くと、金融機関の看板が。

「あれ? 第一勧銀って、みずほになったのでは?」と思って良く見ると、第一勧「信」と書いてある。パクリ商法かと思って調べてみたら、れっきとした旧第一勧銀系の信用組合であった。詳しい沿革は同組合のホームページで。





東十条商店街から東十条銀座商店街に進むと、魚屋や八百屋など生鮮品の店が増え、生活感が濃くなってくる。

d0135403_2146926.jpg鳥肉専門店












d0135403_21543071.jpg豆腐屋
自転車のハンドルを握ったまま、身を乗り出して商品を物色している!











d0135403_21462796.jpg餃子の店

マイ・チェア持参で、店先の道路に座って餃子が焼けるのを待つおじさん! やるなー。

焼き餃子が美味しそうだが、ここから家まで30分以上かかるため、冷めきってしまう。生餃子(18個で650円)を買って帰って、家で焼くことにした。


d0135403_22193418.jpgちょっと柔らかいが、にんにくがしっかり効いた、まずまずの味。(でも、やっぱり餃子は家で作るに限るね)











d0135403_21492758.jpg八百屋
このおじさんも何か気配を発している・・・。











d0135403_21494770.jpg魚屋
この魚屋は、北砂(江東区)や浅草など、都内に6店舗を展開している。生うにの大箱が980円など、概して値段は安く、にぎわっている。

レジ横で段ボール箱に入ったまま無造作に売られている、長崎直送のさつま揚げが好物。魚は買わなくても、このさつま揚げだけは、行く度に必ず買ってしまう。


d0135403_22202138.jpgこんなにあって、400円!味も抜群。












d0135403_21514479.jpg魚屋その2
こちらは個人商店。











d0135403_22205083.jpgあじの開きを購入。生っぽさを残した一夜干し。身が厚くて、美味しい! 1枚150円なり。












d0135403_220125.jpgさつま揚げに鯵とくれば、当然、酒は日本酒。最近、日本酒に目覚めてしまって、ワインより日本酒を飲むことが多くなった。

「結人」は、非常に気に入っている銘柄。純度の高い感じがあって、ものすごく繊細。やさしい甘み、旨みがある。丁寧に丁寧に、作られたに違いない。

ちなみに、この銘柄を買おうと蔵元(群馬県の柳澤酒造)を訪ねたことがあるが、在庫があったのはメインの銘柄「桂川」のみ。「結人」は全量を特約店に卸しているとのことで、蔵元では買うことができなかった。桂川は、結人より甘みが強いが、こちらもまた、素晴らしい酒である。


ノート
・ どら焼きは、黒松以外では、日本橋「うさぎや」のどら焼きが好きだ。うさぎやは上野にもある
  が、微妙に味が異なる。どちらが好きかは好みの問題であるが、私は、日本橋である。上野
  も日本橋も、超有名店だけあって、売り切れていることが多く、なかなかありつけないのが難
  点。(聞くところによると、阿佐ヶ谷にもあるらしい)
[PR]

by bibinga | 2009-09-26 22:01 | その他  

素晴らしい本

d0135403_0181913.jpg

「挑戦するピアニスト」
金子一朗 著
春秋社





感覚やイメージだけに頼って弾くのではなく、楽曲を音楽的に正しく分析・理解して演奏することが何よりも重要、ということを詳細かつ具体的に示している。演奏とは、とてつもなく高度な知的訓練を必要とする行為なのだと、改めて思う。

お気楽な音楽愛好者である私は、全編、共感しまくり頷きまくりで大変面白く読んだが、本職の方々が読んだら、あまりにも鋭く痛いところを突かれてショックを受ける方も出てくるかもしれない。

弾く人も、聴く人も、ピアノでも、他の楽器でも、音楽に何らかの興味を持っている人には、得るところがあるのではないか。
[PR]

by bibinga | 2009-09-11 23:50 | その他