<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

今この時に聴くCD ~ 庭をわたる風

d0135403_16255788.jpg


BREEZE ACROSS A GARDEN
- CHAMBER MUSIC FOR FLUTE, BASSOON & PIANO
庭をわたる風~フルート、ピアノ、ファゴットによる近代室内楽の世界~

クィルター 「吹けよ、吹けよ、冬の風」「来たれ、死よ」(3つのシェイクスピア歌曲より)
モーツァルト ロンド ニ長調 KV ANH.184
サン=サーンス あなたの声に心は開く(歌劇「サムソンとデリラ」より)
ウッダール セレナーデ
ヴィラ=ロボス ブラジル風バッハ 第6番
ムーケ パンと小鳥(フルート・ソナタ「パンの笛」第2楽章)
ヴィドール 組曲
シャミナード コンチェルティーノ

古川仁美(FL)  武田顕治(P)  前田正志(FG)

出だしのフルートの音を聴いた瞬間、その音に言い知れぬ強い力を感じる。芯のある、素晴らしい音色。

選曲・構成もいい! 1曲目のクィルター、まずこれに、ぐっとつかまれる。全体の流れが実によい。ファゴットが入ることによる変化が、これまた絶妙。

マーキュリー製作のCDだけあって、ジャケットの仕様がコテコテに凝っている。三面鏡のように開き、写真がたくさん。解説冊子も読み応えがある。写真にも盤面にも「猫」。

演奏は真剣そのもの。演奏者の生き様が伝わってくるようだ。今この時に聴いて、教わることの多いCDだと思う。

ノート
・ 解説冊子に掲載されているWIBBのメッセージ、さすが師匠だと思った。このCDから感じられるのは、帯にある「おだやかに流れる音楽と時間」といった生っちょろいものではなく、すさまじいまでのストイックさだと私は思う。

・ 古川さんのHPには、ジャケットの写真に関する裏話が載っている。
[PR]

by bibinga | 2011-04-16 16:26 |